『つぎはぎだらけの脳と心』 いい加減な脳の設計


脳を自分で設計して作ってみて下さいと言われたら、
どのように設計し組み立てるでしょうか?

時にスーパーコンピューターを凌ぐ能力を発揮する我々の脳は
「すばらしく良くできた機械」なのでしょうか?

実は脳はその発揮される能力とは裏腹に、
各要素がとても「効率的」とは言えない形で組み合わされています。

脳の設計をみていくと、脳の作りが案外「いい加減」であることが分かってきます。

自分で一から設計するならとてもそんな形にはしないよな、というぐらいに。

でもその「いい加減な設計」ゆえに、私たちを「人間らしく」特徴づけているのだと、
脳の可塑性の研究分野で国際的なリーダの一人である
神経科学者のジョンズ・ホプキンス博士は本著で明らかにしてくれます。

その場しのぎで作られてきた設計ミスともいえそうな「いい加減な脳」、
でもその設計ミスこそが、私たちの愛や夢、そして宗教を生み出していることを知れば、
今までの常識が大きく外れるはずことになるでしょう。

原著:


ピックアップ記事

  1. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  2. 【御礼】創立4周年
  3. 脳の中の身体地図

関連記事

  1. 『脳のなかの幽霊』神経疾患患者の奇妙な症状

    脳のなかの幽霊 (角川文庫) V. S. RamachandranWi…

  2. 脳のなかの幽霊、ふたたび

    脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫) Vilayanur S. Ra…

  3. マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 

    マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 (DOJIN選書…

  4. 新しいコーナーを始めます

    新コーナーを始めます。最近、面白い本ありませんか?と聞かれることが多く…

  5. 錯覚の科学

    錯覚の科学 Christopher F. ChabrisHarperC…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP