『言語が違えば、世界も違って見えるわけ』 色メガネの正体

言語が違えば、世界も違って見えるわけ
ガイ ドイッチャー
インターシフト
2012-11-20


私たちの使う言語は、思考や知覚にどのような影響を与えるのでしょうか?

普段使う言語(母語)が違ければ、空の色も違って見えるのでしょうか?

言語学者のガイ・ドッチャーは本著で、色の知覚・空間把握間隔・言語の性別(男性名詞や女性名詞等)の実例を取り上げながら、言語は思考や知覚を決定づける(限定する)ものではないが、我々は母語というレンズ、つまり色メガネをかけて世界を認知していることを検証していきます。

私たちは、言語(母語)をあまりにも当たり前に使っているので、自分が母語から作られた色メガネを掛けていることに全く気付いていません。

自分が掛けている、その存在が見えない色メガネとは一体どのようなものなのでしょうか。

この本だ読んだ後、自分の掛けている色メガネの存在に初めて気付き驚く人もいるでしょう。

原著:


ピックアップ記事

  1. 脳の中の身体地図
  2. 【御礼】創立4周年
  3. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…

関連記事

  1. 『プルーストとイカ』

    プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか? Maryanne …

  2. お知らせ

    【8月4日開催】コーポレートコーチング出版記念セミナー

    リバティーコーチング代表の田島大輔のセミナー情報です。この度、…

  3. 快感回路—なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

    快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか…

  4. 脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議

    脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議 Step…

  5. 『つぎはぎだらけの脳と心』 いい加減な脳の設計

    つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらした…

  6. マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 

    マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 (DOJIN選書…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP