マジックにだまされるのはなぜか 「注意」の認知心理学 


前回に引き続きマジックを通じて私たちの認知機能の特性について知ることができる本を紹介します。

マジシャンは人間の認知機能の盲点をついた巧妙なテクニックによって観客を魅了します。

マジシャンは、観客がそうとは気づかないうちに「注意」を誘導して、盲点を意図的に作りだし、盲点の中で細工をしているのです。

本書では、認知機能うちでもとくに「注意」の働きに焦点を当てマジックと関連付けながら、人間の持つ認知システムの不思議について解説しています。

著者は、本物のマジシャンは、私たちの「脳のなかにいるマジシャン」に仕掛けを披露するきっかけを与えている過ぎないのではないかと言っています。私もまさにそのように思います。

私たちの脳の中にマジシャンがいるからこそマジックは素晴らしい効果を発揮しているのです。

是非、皆さんの脳の中にもいるマジシャンの正体に迫ってみて下さい。

脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議前のページ

コーチに必要なのは言語能力次のページ

ピックアップ記事

  1. 【増刷決定】「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  4. 【御礼】創立4周年

関連記事

  1. 『なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか』記憶のエラーが起きる仕組み

    なぜ、「あれ」が思い出せなくなるのか―記憶と脳の7つの謎 (日経ビジネ…

  2. 錯覚の科学

    錯覚の科学 Christopher F. ChabrisHarperC…

  3. コーチ養成講座

    【TICEコーチ養成講座】

      Living with uncertainty in the f…

  4. 『プルーストとイカ』

    プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか? Maryanne …

  5. 新しいコーナーを始めます

    新コーナーを始めます。最近、面白い本ありませんか?と聞かれることが多く…

  6. 快感回路—なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか

    快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか…

アーカイブ(年別)

  1. コーチング

    【TPIE】セミナー受講後のアンケート(続き)
  2. セミナー案内

    【TPIE12月東京】お申し込みが始まりました
  3. コーチング

    【TPIE東京】12月21−22日、1月25-26日(土日)に開催いたします
  4. コーチング

    【TPIE】場を共有することの大切さ
  5. コーチング

    【TPIE4月東京】お申し込みが始まりました
PAGE TOP