Weekly Online Coaching

【 田島大輔の Weekly Online Coaching140】考えているだけでは外れないスコトマがある〜一手指した方がよく見える

将棋の解説では「一手指した方がよく見える」という表現が時々出てきます。
勝負が伯仲していて、どちら有利か分からない時や、複雑な局面で使われる表現です。
棋士は一手に何十分も何時間も考えたりすることがありますが、それでも一手指してみてはじめて見える景色があるようです。
私達もゴールに向かって、日々悩んでいたり、迷っていたりしたりして、一向に前に進んでいる感じがしないということがあるでしょう。
そんな時に思いきって一手指して見る=一つ行動を起こしてみることで、今まで見えていなかったことが突然見えてきたり、新しい方法が見えてくることがあるはずです。
悩んでいるだけより、一歩踏み出してみるとスコトマが外れやすくなることがたくさんあります。
一歩踏み出してみる重要性について田島大輔が解説します。

 

【TICEコーチ養成講座紹介動画⑮】「F1レーサーの記憶を作る」前のページ

【TICEコーチ養成講座紹介動画⑯】前篇「ルー・タイスの遺したミッション ~人類のスコトマを外せ~」 次のページ

ピックアップ記事

  1. 【御礼】創立4周年
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【増刷決定】「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ
  4. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…

関連記事

  1. Weekly Online Coaching

    【 田島大輔の Weekly Online Coaching 017 】「地球儀を眺めて視点を上げる…

    抽象度の高い思考、抽象度の高いゴール設定をしやすくためには、日頃から…

アーカイブ(年別)

  1. コーチング

    【TPIE東京】セミナー受講後アンケート
  2. セミナー案内

    【TPIE8月東京】お申し込みが始まりました
  3. セミナー案内

    【12月8日(日)開催】コーポレートコーチング実践セミナー ~仕事も人間関係もう…
  4. コーチング

    【TPIE】言葉の威力
  5. コーチング

    【書籍】「コンフォートゾーンの作り方 図解TPIEプログラム」(苫米地英人著)
PAGE TOP