Weekly Online Coaching

【 田島大輔の Weekly Online Coaching106 】無意識のフレームを外す 〜中途半端な数字にしてみる〜

   私達は思考のフレームを持っており、無意識にそのフレームの中で考えたり、選択したり、行動したりしています。
   そのようなフレームの1つとして、キリの良い数字、キリの良い番号があります。
   5,10,15,50,100,・・・1000などのように5や10で割り切れる数字は扱いやすく、目標などの数字としても多く使われます。
   一方で、そのキリの良い数字に自分の可能性が閉じ込められている可能性だってあるのです。 その無意識のフレームを揺らがすには、あえて中途半端だと感じられる数字にしてみることです。 100回を目指すのではなく、98回や103回を目指すとするような形です。
   そうすることによって今まで無意識に囚われていたものから解放されるチャンスが生まれる人もいるでしょう。
   中途半端な数字により無意識のフレームを外す方法について田島大輔が解説します。

【TICEコーチ養成講座紹介動画⑮】「F1レーサーの記憶を作る」前のページ

【TICEコーチ養成講座紹介動画⑯】前篇「ルー・タイスの遺したミッション ~人類のスコトマを外せ~」次のページ

ピックアップ記事

  1. 【御礼】創立4周年
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  4. 【増刷決定】「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ

関連記事

  1. Weekly Online Coaching

    【 田島大輔の Weekly Online Coaching 013 】抽象度の高いゴールを見つける…

    自分が設定しているゴールに新たな情報を取り込んでいくことで、ゴールの…

アーカイブ(年別)

  1. コーチング

    【TPIE】2020年も楽しみですね!
  2. コーチング

    【TPIE東京12月】12月11日(水)お申込み締め切りです
  3. コーチング

    【書籍】「コンフォートゾーンの作り方 図解TPIEプログラム」(苫米地英人著)
  4. コーチ養成講座

    【11月16日(土)開催】コーチングセミナー&説明会「苫米地式コーチング認定コー…
  5. お知らせ

    【増刷決定】「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ
PAGE TOP