教育

尾木ママも驚愕した世界最先端の教育法がすごい

入学試験なし、テストなし、成績表なし、学費なし、宿題なし、
そんな学校があったら行ってみたいと思いませんか?

日本の常識で考えたら、こんな学校はありえないですよね。

でも実は、これらを実現できている国があるんです。

それがオランダです。

そんな学校があっても、むちゃくちゃになって、
みんな勉強しなくなるだろう、と思ってしまいそうですが、
なんと日本よりも学力が高いそうです。

そんなオランダの教育についてまとめられた動画がありました。
これは、見るだけでスコトーマが外れる動画です。

10分くらいの動画なので、ぜひ一度こちらをご覧ください。

私はオランダの教育に対して非常に興味を持って研究をし始めています。

航空券もすぐに手に入りそうなので、近々視察に行こうと思っているくらいです。

まだ調べ始めたばかりなので、あまり情報がないのですが、
動画を見てかなり可能性を感じています。

そこで、今の時点で私がこの動画から感じたことをシェアします。

オランダでは子供は4歳から小学生になって、
論理的な思考のトレーニングをしているそうです。

動画で紹介されているのは、絵が描いてあるカードを並び替えて、
論理的なストーリーを組み立てるというトレーニングです。

トレーニングをすることで、感情のコントロールができるようになるそうです。

これはクライシスサイコロジーにもある、
脳の前頭前野を活性化させて、感情をコントロールするという理論で説明できます。

非常に考えられたものだと思います。
それを4歳からやっているというのですから、驚きです。

また、オランダの学校では競争がなく、生徒が自分で自分の目標を決めて、
それに向けて勉強をするのだそうです。

動画の中で尾木直樹さん(尾木ママ)が、競争すると学力が落ちると言っています。
日本では競争させて学力を伸ばすというスタイルなので、
競争がなくて学力が伸びるというのは、にわかには信じがたいことです。

しかし、競争すると学力が落ちるというのは、
コーチング的に説明することができます。

つまりこういうことです。
競争をするというのは他人と比べるということです。
そうすると他人の評価が自己評価になってしまいます。

全てのことで世界一になれる人はいないわけなので、
他人と比べる人は、必ず誰かに負けるのです。

そのため、競争をすれば、必然的にエフィカシーに下げ方向の力が働きます。

競争させるスタイルでは限界があるのです。

オランダでは、自分で目標を決めて時間割も自分で決めているようです。
自分でゴールを設定して、やり方を考え、自己評価をしています。

自己評価することができれば、自分次第でどんどん
エフィカシーを上げていくことができます。

その結果、生徒たちは自分でどんどん上のレベルに行くことができ、
競争しなくても学力が向上するのです。

日本ではいまだに、いい学校に入って、いい会社に入れば幸せになれる、
という価値観が根強く残っているようですが、
結局それでは競争になってしまいます。

競争で勝った人が幸せになれるということですが、
果たして本当にそうでしょうか。
私から見ると、ずいぶん大変そうだな、という感じがします。

オランダでは、そんなことにとっくに気付いていたのか、
100年も前から教育改革をして、今の教育を作り上げてきたといいます。

われわれ日本人からしたら、
100年後の未来を見ているようなものかもしれません。

まだまだ思ったことはたくさんあるのですが、
この動画で一番強く感じたのが、「想像力の限界がわれわれの限界である」
ということです。

身近にないものは、臨場感がないので、どうしても想像できないものです。

私もオランダ式のような、進んだ教育があるとは思いもよりませんでした。

しかし、これを実現できている国があるということを知っただけでも、
私の中制限が外れました。

そんなことが可能なんだ、という可能性を見せてもらいました。

できるんだというのを誰かが見せることで、壁をとっぱらうことができます。

難しいことでも一度誰かがやってしまえば、それを見た人たちは強い臨場感を持てるので、
今度は次々に達成する人が続出します。

たとえば陸上競技の100m走では昔10秒の壁があったのですが、
1968年にジム・ハインズ選手が9秒台を記録して以来、次々に9秒台の選手が現れました。

今ではウサイン・ボルト選手が9.58秒という世界記録を出しています。

ウサイン・ボルト選手は、今行われている世界陸上でも9.77秒で優勝しましたね。
今や世界のトップ選手になると、9秒台が当たり前の基準になっているようです。

もしかしたら、いつか9秒の壁を破る人が出てくるかもしれません。
そうしたら、きっと続々と8秒台を出す人が出てくるでしょう。

私はコーチとして、みんなに新しい可能性を見せて、
壁をとっぱらっていきたいと思っています。

特別な才能がなくても、マインドの力を使えば、こんな凄いことができるんだ、
ということを示したいのです。

今回紹介した動画から、私はかなりたくさんの気付きを得ることができました。

コーチングを教育に組み込むというのは、私のミッションなのですが、
オランダ教育にはとても可能性を感じているので、
さらに研究を進めようと思います。

ある程度研究がまとまったら、何らかの方法で公開することも考えているので、
楽しみにしていてください。

————-

◆ メルマガ「Liberty Min
d Letter」では、メルマガ読者限定のお得な先行案内や、自由になるための役立つ情報などをお届けしています。

メルマガ登録はこちらからどうぞ⇒
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ribathi&MagazineID=1&MoreItem=1

◆ ご意見ご感想は、
 
フェイスブック ⇒ http://www.facebook.com/#!/libertytajima にどうぞ。
 
 

◆「今日の記事は役に立った!」という場合には、
 
フェイスブックのイイね!⇒ http://www.facebook.com/#!/libertytajima を
 
クリックしていただけると嬉しいです。
 
 
PS
 
 
フェイスブック個人ページを、最近よく更新しています。
 
「フォロー」ボタンを押すと
 
ほぼ友達と同様につながれます。ぜひお試しください。
 
⇒ http://www.facebook.com/#!/libertytajima

NOと言わない店前のページ

五輪8冠のマイケル・フェルプスから学んだ4つの心の作法次のページ

ピックアップ記事

  1. 【増刷決定】「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  4. 【御礼】創立4周年

関連記事

  1. 教育

    オランダで出会ったコーチング 3校目まとめ

    オランダ学校訪問3校目は、アムステルダムから電車で30分程離れた緑…

  2. 教育

    到着~1日目 オランダ教育現場視察

    オランダから田島大輔です。到着から1日目の写真をまとめました。…

  3. 教育

    教育の最先端が集まる場所

     3つの学校訪問を終え、デンハーグ市にある教育支援センター…

  4. 教育

    自由すぎる国オランダ 2校目まとめ

    列車に乗ってアムステルダムから少し離れた学校とデンハーグにある教育…

  5. 教育

    教育が人をつくる

     3校目に訪問した学校では、小さい頃に親から虐待を受けたり…

  6. 教育

    コーチとは何か~ドイツの旅~

    Coachとは馬車を意味し、客車もCoachといいます。そして私も…

アーカイブ(年別)

  1. コーチング

    【TPIE東京】セミナー受講後アンケート
  2. コーチング

    【4月4日(土)開催】「無意識を意識にあげる楽しいトレーニング『コラージュ』」
  3. コーチ養成講座

    【11月16日(土)開催】コーチングセミナー&説明会「苫米地式コーチング認定コー…
  4. コーチ養成講座

    コーチングセミナー&「TICEコーチ養成講座 」説明会
  5. お知らせ

    【クラウドファンディング】横浜・長者町の伝説のライブハウス「FRIDAY」 ドキ…
PAGE TOP