脳の中の身体地図

 

私たちは脳の中に身体と脳とを結びつける身体地図(ボディー・マップ)を持っています。
ボディー・マップ(或はボディー・スキーマ)があることで、
身体と脳との一体感が生み出され、自己と他者とを区別することも可能になります。
ボディー・マップは一度出来上がったら完成ではなく、脳の持つ可塑性によって
常に更新されていきます。
この可塑性があるからこそ、私たちは過去に囚われることなく、
新たな可能性を引き出したり、広げたりしていくことができるのです。
また、なぜイメージすることが重要で我々のパフォーマンスを高めてくれるのかも、
ボディー・マップを知ることで理解が深まるはずです。
脳と身体と心の繋がりに興味ある人には、おススメの一冊です。
原著:

 

ピックアップ記事

  1. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【御礼】創立4周年

関連記事

  1. 錯覚の科学

    錯覚の科学 Christopher F. ChabrisHarperC…

  2. お知らせ

    Liberty Coachingのロゴに込めた思い

    本日7月1日、リバティーコーチング株式会社は設立2周年を迎えることがで…

  3. 『脳のなかの幽霊』神経疾患患者の奇妙な症状

    脳のなかの幽霊 (角川文庫) V. S. RamachandranWi…

  4. コーチング

    Club Tomabechi 第2回「苫米地式コーチングで人生を変える」撮影終了!

    ドクター苫米地オフィシャルサイト「CLUB TOMABECHI」の新コ…

  5. 妻を帽子とまちがえた男

    妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) …

アーカイブ(年別)

PAGE TOP