マインドの使い方

ドイツで見つけたマインドの法則

オランダでの学校見学を終えた後、

ドイツのミュンヘンのクライアントに会いにいきました。

ドイツでクライアントと一緒にレストランに入ったのですが、

レストランでメニューをみたら全部ドイツ語で書いてあったので

何が書いてあるか全くわかりませんでした。

結局クライアントに読んでもらいどういう料理か説明を受けて想像したり、

ガイドブックに載っていた料理写真を思い出しながら注文をしました。

日本にいるときは、日本語でメニューが書いてあるので、

言葉を見ると自然とどんなメニューかの映像が浮かんできます。

そして、その映像にはこれはおいしいとかまずいとかいった情動が乗っています。

しかし、ドイツ語で書いてあるメニューに対しては、

私は全く映像を思い浮かべることもできませんでしたし、

それに対する情動もありませんでした。

ドイツ語のメニューを見ながら思ったのは、

われわれは映像や記憶が浮かばないものは選択できないということです。

記憶にあるものは、おいしい、まずい、といった判断ができるのですが、

記憶にないものは認識することすらできません。

このことに気付かないでいると、

ずっと過去の記憶を元にものごとを判断するようになってしまいます。

そうならないためには、映像も情動記憶もないものを

意識して選択していくことが必要です。

そうすれば、現状の延長線ではあり得ないような選択をして、

自分の可能性を広げることができます。

◆ メルマガ「Liberty Mind Letter」では、メルマガ読者限定のお得な先行案内や、自由になるための役立つ情報などをお届けしています。

メルマガ登録はこちらからどうぞ⇒
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=ribathi&MagazineID=1&MoreItem=1

ピックアップ記事

  1. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【御礼】創立4周年

関連記事

  1. マインドの使い方

    妖しいパーティーを開く男

    こんにちは、田島大輔です。夜な夜な怪しげなパーティーを開催しているハイ…

  2. マインドの使い方

    五輪8冠のマイケル・フェルプスから学んだ4つの心の作法

    今週末、元米国水泳オリンピックコーチのマーク・シューベルトが来日して…

  3. マインドの使い方

    当たり前を疑おう

    前回、ドイツにいるクライアントとレストランに行った時の話をしましたが、…

  4. マインドの使い方

    葉っぱから宇宙を見る

    昨日街を歩いていたら目の前に赤い葉っぱが落ちてきました。街を歩いている…

  5. マインドの使い方

    ビジネスを創り出すコツ

    先日、マジシャンの中辰哉さんと、新しいビジネスのミーティングに行ってき…

  6. マインドの使い方

    本当にそのままでいいんですか?

    ドイツに行ったときにクライアントから聞いたのですが、「日本では先生が笛…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP