コーチング

一流のコーチが持つある共通点

アメリカのオリンピック水泳代表チームのコーチで、
世界トップレベルのコーチであるマーク・シューベルトと3日間行動を共にしました。

かなりたくさんの学びを得ることができたので、その一部をシェアします。

まず、私自身の成長を感じることができました。
言語、非言語問わず、マークから得ることができる情報量が多くなったのです。

マークが去年の11月くらいに来日したときにも、私はマークと会っていたのですが、
そのときとは違う気付きを得ることできました。

私自身が成長して、新しいゲシュタルトを作っているので、
以前は認識できていなかった情報も、
認識できるようになったということだと思います。

そして、マークからはコーチとしての存在感というものを感じました。

マークとは、特にコーチングについて話したというわけではなく、
セミナー前の控え室などで、たわいもない話をしただけでした。

彼はどちらかというと、自分からよくしゃべるようなタイプではなく、
穏やかな人で、相手から引き出すタイプの人です。
特に話もせず黙っているときもあります。

ただ、彼がセミナーの受講生に対して受け答えをしている姿や、
控え室での穏やかな姿を見ていると、
非常に存在感があり、安心感、安定感がある人だなと思いました。

話す言葉も、発している一言一言に乗せられている情報が違います。

同じ言葉でも、話す人によって説得力が違うのですが、
マークに言われると、なぜか納得してしまいます。

言っていること自体は、文章にしたら大したことがないかもしれませんが
そこには、それ以上の何かがあると感じました。

それはおそらく経験に裏打ちされた一流のコーチだからこそもっている、
存在感のなせるところでしょう。

苫米地英人博士も、ルー・タイスも、一流のコーチですが、
それぞれタイプが違っていて、おそらく質問に対する回答も違うと思います。

しかし、マークや博士、ルー・タイスには一流のコーチに共通する存在感があります。

それは、言語化が難しいのですが、圧倒的なエフィカシーや、
人のゴールを確信する力が並外れているということだと思います。

コーチングにおいては、技術も大事ですが、コーチ自身がどうあるか、
というのが重要になります。

コーチの存在だけで、スコトーマを外したり、
エフィカシーを上げたりできなければなりません。

また実はコーチングは、セッションの間だけコーチングしているわけではありません。
むしろ、セッションしていない間が大事です。

どういうことかというと、セッションしていないときでも、
コーチの存在を思い出すだけでコーチングされてしまうくらいの、
存在感が必要なのです。

コーチはセッションをしていないときのために、
クライアントをコーチングしているとも言えます。
それは存在感が無ければできません。

日ごろからどういうふうにマインドを使っているか
コーチである前にその人自身の人格なども非言語で伝わります。

そういったことには完璧が存在しないので、
毎日毎日成長していく必要があるのです。

私もまだまだ成長する必要があると思います。

もちろん日ごろから意識していることですが、
マークに同行した3日間で、そのことを改めて思いました。

1081615_514415005303706_1396553883_n

ピックアップ記事

  1. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  2. 【御礼】創立4周年
  3. 脳の中の身体地図

関連記事

  1. コーチング

    『苫米地式コーチングで人生を変える』がスタート!

    ドクター苫米地オフィシャルサイト「CLUB TOMABECHI」での新…

  2. コーチング

    【募集開始】田島大輔コーチ 関西出張トライアルコーチング 12月24日(土)@大阪

    恒例となりました田島大輔コーチによる関西出張トライアルコーチング。次回…

  3. コーチング

    Club Tomabechi 第2回「苫米地式コーチングで人生を変える」撮影終了!

    ドクター苫米地オフィシャルサイト「CLUB TOMABECHI」の新コ…

  4. コーチング

    【緊急募集】出張トライアルコーチング@福岡 6/30-7/1

    パーソナルコーチ 田島大輔による福岡での出張トライアルコーチングが急遽…

  5. コーチング

    【募集中】田島コーチ大阪出張トライアルコーチング11月26日(土)午後。 26日午前、27日は満席と…

    今回で4回目となる田島大輔コーチによる関西出張トライアルコーチング。毎…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP