イカの神経 ヒトの脳みそ



ヒトの脳は神経の塊(集積体)でできています。

基礎的な神経の仕組みの解明は、主にカエル、イカ、アメフラシ、ネズミ、ネコなどの神経を観察(動物実験)することによって行われてきました。

しかしながら、その舞台裏を私たちが知る機会はなかなかありません。

そこで、その舞台裏を伝えたいという本著者の神経生理学者である後藤秀機博士の思いから、神経にまつわるひとつの歴史書として書かかれてたものが本書です。

神経科学者と神経研究の歴史(日本の昔の神経科学者が神経解明に大きな役割を果たしてことも知ることができます)、動物や人体実験の失敗を含めた試行錯誤とその究明がドラマのように紹介されており、神経の塊である人の脳の不思議について楽しみながら知ることができます。

ピックアップ記事

  1. 【御礼】創立4周年
  2. 脳の中の身体地図
  3. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…

関連記事

  1. 思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則

    思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則 Wray Her…

  2. 新しいコーナーを始めます

    新コーナーを始めます。最近、面白い本ありませんか?と聞かれることが多く…

  3. お知らせ

    【8月4日開催】コーポレートコーチング出版記念セミナー

    リバティーコーチング代表の田島大輔のセミナー情報です。この度、…

  4. 脳のなかの幽霊、ふたたび

    脳のなかの幽霊、ふたたび (角川文庫) Vilayanur S. Ra…

  5. 『つぎはぎだらけの脳と心』 いい加減な脳の設計

    つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらした…

  6. 脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議

    脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議 Step…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP