思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則

思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則
レイ・ハーバート
インターシフト
2012-04-05


思い違いはなぜ起こるのでしょうか?

私たちは日々無意識に膨大な選択をしていますが、
その一つひとつの選択を吟味して意思決定しているわけではありません。

複雑な問題も、経験則に基づいて思考をショートカットして、
判断の時間を短縮したり、それに掛かる労力を省力化しています。

その経験則は役に立つことも多いですが、必ずしもそれが正しいわけではなく、
判断結果に一定のバイアス(偏り)を含んでいるため思い違いが起きる原因にもなります。

その認知的な経験則を「ヒューリスティック」といいます。

その「ヒューリスティック」についての多くの興味深い事例と世界の最新研究をもとに
「20の法則」として濃縮して紹介した本が『思い違いの法則』です。

思い違いを無くすための第一歩は、選択する際にヒューリスティックを意識に上げること。

自分が自分の脳に騙されて思い違いを起こさないため、
そしてヒューリスティックを逆手にとって他人が自分に思い違いを起こさせ
利用してくることを防ぐためにも「ヒューリスティック」を学ぶことは意味があると思います。

原著:


ピックアップ記事

  1. 脳の中の身体地図
  2. 【開催まで後2週間】第3回『Liberty Cinema Club』あるエピソ…
  3. 【御礼】創立4周年

関連記事

  1. やわらかな遺伝子 

    やわらかな遺伝子 Matt RidleyFourth Estate20…

  2. 新しいコーナーを始めます

    新コーナーを始めます。最近、面白い本ありませんか?と聞かれることが多く…

  3. 妻を帽子とまちがえた男

    妻を帽子とまちがえた男 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) …

  4. 『プルーストとイカ』

    プルーストとイカ―読書は脳をどのように変えるのか? Maryanne …

  5. 脳の中の身体地図

    脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのこと…

  6. 誰にも才能と独創性がある

    あなたは自分に才能があると思っていますか。そして自分の発想や考…

アーカイブ(年別)

PAGE TOP